結婚指輪にプラチナがよく使われている理由

結婚指輪の素材と言えば、まずプラチナが有名ですよね。
他にも金を使うケースがありますが、大体はその二つでシェアが占められています。
特にプラチナは圧倒的に割合が大きくなっています。
その理由にはどんなものがあるのでしょうか。
第一に、プラチナは高価な金属なので箔がつくというものが挙げられます。
結婚指輪は、恥ずかしいものをプレゼントするわけにはいきません。
ですから、金属の中でもトップレベルに価値の高いプラチナで作るわけです。
贈る側も贈られた側も気分がいいので、そういった理由でもプラチナが選ばれています。
第二に、プラチナは錆びにくいという特徴を持つ金属なので、日常生活の中で汚れにくいです。
これもよく選ばれている理由の一つでしょう。
主婦の方は洗い物や洗濯をする機会が多いです。
指輪をいちいち外すのも面倒なので、そのまま作業をすることもあります。
耐腐食性能が高くないとすぐに駄目になってしまうということです。
プラチナは高い腐食耐性を持っているので、結婚指輪には最適です。